ultlife

色々なことを書きます。

思い出は呆れるほどに。

小さな頃は空に限らず今よりも色々なものを見上げることが多かった。

よくよく考えてみるとそれは自分の背丈が今よりもずっと小さくて、見える景色も低くてそれでいて少しだけ狭くて、でも色々なものがすごく大きく見えて、そこからしか見ることができない景色だってたくさんあったと思う。

 

いざ大人になると昔見てた色々なものがちっぽけに見えて仕方がない。それと同じくして日々の中で色々な大切なものを見落としてしまっている気がしてならない。そういうものの大切さは大概後になって気が付くことが多いし、でも大人になるってそういう事なのかなと思ったりして、見える景色や感性は以前と比べて豊かになったはずなのになぜだろう、

 

今がそうであるようにそこから見えた景色も思いも僕たちは少しずつ忘れてく、それが悲しくて苦しくて、だからたまに思い出をなぞる様に懐かしい景色を眺めたり、昔あの子と歩いた道、赴いた店、もうあの子は居ないからとあの時よりほんの少しだけ美化された思い出と倦怠感、そっと宝箱にしまっておきたいそんな気持ちと一緒にあの時、あの瞬間を思い起して、言葉にするには少し難しいえも言われぬ気持ちになる。

 

この気持ちはなんで言葉にできないんだろう、もっとちゃんと言葉にして伝えておけばよかったな。なんて今更になってあの頃の自分に嫉妬と後悔を抱きながら帰路に着く。そんな余韻に浸りながら部屋干しのヨレヨレのシャツを眺める。こんな事に感傷的になって僕も随分歳をとったものだ。小さいころに自分が抱いていた大人の理想像と今の自分とのギャップを水に流すかのように缶ビールを身体に流し込む。全部泡になってはじけちゃえばいいのにと明日の朝、空になった缶を眺めながらまた後悔するのも分かってるのに。

 

誰にでも忘れられない忘れたくない瞬間や誰かが心の片隅にいると思うんです。きっとこの思いは何年、何十年たってもこの先どんなに大切で愛おしい人が出来ても変わらないだろうというような。

 

道理はわからないけど、どうやら思い出は呆れるほどに美化されるらしい。

 

こけしと見上げた青空に。

昨年の秋のこと、京都旅行へ行った時に偶然やってた京都国際映画祭。著名な芸人さんがいくらかゲスト出演すると聞いて、予定にはなかったけど飛び入りで参加した。そこで一際目を引いた10m以上はあろうか巨大こけしのモニュメント、堂々とそびえ立つその姿を見上げて、僕はあっけらかんとしてしまった。同時にこの空の青さと広さにも気がつかされた。

 

しかしその巨大こけしは今では横たわっているらしい、京都の景観を損なう、条例に引っかかるなど俗にいう大人の事情というやつで、とは言えど作られたこけしに罪はないわけで、もうそのこけしと青空を見上げることはないのかと少し悲しい気持ちになって肩を竦めた。同時にこんな些細な事で一喜一憂する自分のダサい感じと面倒くささが浮き彫りになった。

 

思い返してみると、いつもそうだった。日常に起こる些細な事で揺れうごく心。これはいつからだろうな、きっとかつての友が今の自分を見たら、らしくない。なんて言われるんだろう。でもね、些細な事でさえ気が付けるのは自分の良い所だとも思ってる。こういうのは自分で言うべき事ではないんだけどね。

 

ずっとずっと人に関心がなかったそんな自分がいま変わりつつあるんだ。

誰かが言った、自分に向けた一言でこんなにも感情を揺さぶられる、それって素敵な事じゃないですか。その反面、落ち込んだり傷ついたりする事も多くなったんだ。そのせいで感情の渦に飲まれて溺れそうになる時もあるんだ。でも今はそんなこんなでなんとか生きてるよ。

 

横たわってるこけしも、今は少しだけ、ほんの少し、休んでるだけ、いつかきっとあの時の様に空の青さと広さを教えてくれるんだ。だからそれまでは僕が代わりに青空を見上げる。君を忘れないようにと、また君と青空を見上げられる時が来るまで。

表現する術を持たない僕たちは。

お久ぶりです。

いつのまにか4月になりすっかりと外も暖かくなり春の訪れを感じます。

新年度皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

かくゆう私もこの4月から社会人3年目に突入したわけで、、

3年目というとやはり周りからの見方も変わってきて求められるものがより大きくなっていわば、新人という括りから外される時期でもあります。時にはプレッシャーと戦い、寄り道なんかもしながらこれまでなんとか仕事を続けられた訳です。これからも適当に、無理せず頑張るつもりです。

 

さて、4月というと新学期のスタート、入学式、入社式、新生活などなど世間一般的には何か新しいものがはじまる、新しいものをはじめるのには絶好の季節です。

そんな中、何をはじめるでもなく4月第1週を無事いつも通り過ごして一人3月に取り残されてしまった訳ですが、これからでもまだ遅くはないと何か新しいことをはじめようと色々と詮索してみたのですが、いざ探してみるといいものが見つからずこういうのは無理にはじめるものでもないなと思い結局ふりだしに戻りました。それも僕らしいなぁと思ったりしながら。

 

近況報告はここまでにして、、

 

最近になって自分の思う事、感じた事を上手く表現できないことが多々あり違和感というかなにか手の届かないところのムズ痒さの様なものを感じてやまないです。まだまだ多感な時期というのもありますが、こうもたくさんあると気持ち悪ささえ覚えるわけで、、表現するのになにか相応しい言葉や方法はないかと調べてみてもしっくりくるものはなく、あぁこれはボキャブラリーの数とか表現技法の乏しさとは関係のないところで起きている問題なんだなぁと、解決策も見つからず少し悲しくなりました。

 

表現する術を持たない僕たちはきっと他の誰かが作った音楽や文章、作品だったりを聴いて、読んで、見て、安堵し、このムズ痒さを昇華しているのだと思う。でもその反面他人任せにする事で自分の可能性をどこか別の場所へ放っているような気がしてやまないのもまた事実で。

 

だから高度な表現方法や感受性に恵まれ生まれ落ちたアーティストや小説家、脚本家、映画監督などがこのうえなく羨ましい、自分と違う観点を持つ人との交流は大切にして、色々な人の感性に触れて自分の感受性を高めて表現の幅を広げたいな、と最近になってようやくそんな思いが強くなってきました。

 

そんなこんなで毎日、劣等感と羨望に埋もれながらも懸命に生きています。

 

今回は特にお題もなく淡々と語ってしまいました。

支離滅裂でとりとめもない文章にお付き合いいただきありがとうございました。

よかったら次回以降の記事も読んでくれると嬉しいです。

 

 

それでは、ドロン。

 

 

嫌煙者と喫煙者。

今回は嫌煙者と喫煙者について、自分が思うことを皆さんに共有していきたいと思います。嫌煙者と喫煙者。僕は圧倒的に前者です。と言いきれたのは一体いつ頃までだったろうか。今となってはどちらでもない、と言うよりは前者だったと表現した方がしっくりくる。何を隠そう僕はもともと超がつくほどの嫌煙家でヤニのにおいが大嫌いでした。

 

と言うのも母が大の嫌煙家でそんな母の影響を色濃く受けて僕も嫌煙家となってしまった。幼少期、家族の中で喫煙者は父だけだった。最初は換気扇の前、それからベランダへと父と煙草の時間はだんだんと外側へ追いやられていった。そんな事もあり僕の嫌煙意識は加速していった。やがて父もいい歳になり健康の事を考えて煙草を辞めると決意した。それから父は本当に煙草を吸うことなくぱったりと辞めてしまった。本人曰く、それほど苦ではなかったようでもう少し早くやめれば良かったとまで言っていた。これで晴れて家族から喫煙者がいなくなったわけだ。

 

それからというもの煙のない暮らしが二年ほど続いた。

そう、父が煙草を辞めて二年後に僕の考えを変える大きな事件が起きたのです。これは今からちょうど一年くらい前の出来事、地方で一人暮らししている兄が下宿から地元へ帰省してきたときの話。兄とは3歳違いで普段から話はするが特別仲が良いわけでもない、そんな兄から急に「喫茶店でも行こうや。」とお誘いがあった。週末に弟も含めてモーニングがてら皆で喫茶店にいくものだと思いあっさりOKをした。

 

ところが完全に僕の勘違いだった。その日の晩、兄から「今から行くか。」と言われた。嫌というわけではないが、兄と二人きりはなぜか変に緊張する。日中にOKをしてしまった手前断れるはずも理由もなく。僕の運転で夜道を走り喫茶店へと向かう、その道中はお互いに好きなアイドルのCDを聞き流しながらそれ関連の話をしてなんとかその場をつないだ。ほどなくして喫茶店についた。本番はここからださっきのように大好きなアイドルは助けてくれない。何を話したらいいかいつもは緊張などしないはずなのにこういう時ばかり変にアガるのは本当に悪い癖だ。さぁいよいよ、喫茶店の扉を開けた。兄の第一声「喫煙席で。」この一言でこれまでの緊張がすべて吹き飛んで、心の中でつい「なんでやねん。」がナチュラルに出てしまった。

 

それから店員さんに喫煙席へと案内された。人生で初めてと言っても過言ではない喫煙席。今でこそ分煙に努めている飲食店が多いが昔はこれが当たり前だったのかぁと喫煙席で飲食をする事に若干抵抗を感じつつもありもしない記憶の断片をなぞり何故か懐かしい気持ちになった。そんな自分がいて、目の前には懐に忍ばせた煙草を慣れた手付きで取り出し火をつける兄がいた。兄が煙草を吸っている光景に最初は違和感しかなかったがほどなくして慣れた。「煙草吸うんだね、あんなに嫌ってたのに。」とつい本音がポロリしてしまった。きっとこの言葉も兄は飽きるほど聞いてきたのだろう。嫌な顔ひとつせず、「いつかわかるよ、本当につらくなった時に助けてくれる。」と一言だけいった。特に深堀りもせず「そうなんだ。」と返した。何故かその兄の言葉には酷く説得力があった、そしてその一言がすべてを物語っている気がした。きっと色々なことがあったんだろうなと、これ以上聞くのが怖くなったのもある。それから小一時間、兄弟水入らずで談笑をして無事家路についた。

 

すべての人が辛くなったり苦しくなった事で喫煙者になるのではなく、格好付けだったり入り口はいくらでもあると思うんです。煙草の良さなんて今の自分にはわからないし、これからもわからないと思う。でもこれだけは言っておきたい。自分のよく知りもしない”事・人・モノ”に対して否定的な意見を持つのはとても恥ずかしいことなんです。僕自身もともとそういう傾向があり人を傷つける様な事は無くてもいざ蓋を開けてみたら、申し訳ない気持ちで一杯になったりという経験が多々ありました。だからこそ、無理に寄り添う必要はなくとも否定的な意見を持つ必要もない。その考えをとても大切にしています。

 

皆さんはどうでしょうか?知らないうちに人を傷つけたりしていませんか?

 

今回は煙草を例にとってこの事を伝えたかったんです。当たり前だけれど忘れてしまいがちな事だからこそ、自分に言い聞かせる意味も込めて書きました。長くなりましたが読んでくれた方、毎度ありがとうございます。それではまた次回の記事でお会いしましょう。

 

ドロン

 

 

はじめてについて。

今回はタイトルにもある通り初めてについてお話していきます。

ちなみにここでいう初めては決してイヤらしい意味ではありませんよ!笑

 

冗談はさておき本題に入りますが、、

 

皆さんはこれまでの人生、一度でも「初めてって何だろう?」と考えたことはあるでしょうか。詩人や哲学者でもあるまい、なかなかそんな事を考える機会なんてないですよね、参考までに辞書などで調べると「それまでそういう事がなく、それが最初であること。」と出てきます。ちなみに英語にすると The first time. となります。

 

そうです、ここで言うところの初めては紛れもなく初体験の事です。ひと口に初体験といっても色々な初体験があるわけで、覚えているかも怪しいですが初めて寝返りをした時、一人で立った時、歩けた時。これも全部皆さんが知らず知らずのうちに体験した貴重な初体験なんです。もっと分かりやすいところで言うと初めて異性と手を繋いだ時、ファーストキス、性交渉などなど初体験は例をあげていくときりがないですよね笑

 

勘の鋭い方はもうお気づきかもしれませんが初めてって人生の中でたった一度しか訪れないんですよ。当たり前の事を言いましたがそれって凄く悲しくないですか?

 

初めての時は感動したこと、悲しい気持ちになったことでさえも当たり前になるのがただただ悲しくて、初めてが無くなっていく過程で少しずつ生きていく上での感度が鈍くなって、きれいな景色を見たり、美味しいものを食べたりして感じとれるものが歳を重ねるにつれて薄くなっていくのが凄く悲しいんです。

 

だからこそ僕は初めてを大切にする。でもそれに気がついた時にはおおよそ普通に生きていれば体験するであろうターニングポイント的な位置付けの初めての半分くらいは終わってました。

 

でも勿体無いことをしてしまったなんて思わないです。この事に齢20にして気が付くことが出来ただけでも自分にとってとても大きなことで、これからの人生で迎えるであろうたくさんの初めてを優しく大切に迎え入れることが出来て、その度に少し悩みながらも一喜一憂することが出来る。こうしてたくさんの初めてが自分の人格形成に大きな影響を与えてくれる。

 

そしていつか出会うであろう一番大切な人にたくさんの初めてで構成された自分を初めてプレゼントするのが僕の人生で最大最高の初めてになるのかな。

 

今ものすごくくさい事を言ってしまいましたね。

自分でも少しひいてしまいました。それでも紛れもなく本心です。笑

その他に最大最高の初めての瞬間があるとすれば死ぬ瞬間かな、これこそ二度と体験することが出来ない最初で最後の唯一の初めてだから、実感はないけど今も少しずつ、でも確実にその瞬間に近づいているんだよね。悔いのないように生きなきゃね。

 

最後の最後で少し暗い話になってしまいましたね。

今回は僕が思うはじめてついて語らせてもらいました。この記事を読んだ皆さんがこれまでの初めてを思い出して一喜一憂したり、これから訪れるであろう初めてをこれまで以上に大切に迎えるきっかけになれたらなと思います。

 

よかったら次回の記事も読んで下さい。

では、また次回の投稿でお会いしましょう。

 

ドロン

 

 

新ブログ開設。

お久しぶりです。と言ってもはじめましての方がほとんどかな、

ブログを更新するのは昨年の夏以来なので約半年ぶりくらいですかね。

以前はAmebaさんでブログを更新していたのですが、なぜ今回古巣を捨てて新たにブログを開設するに至ったのかというと、理由は単純明快で環境を変えたかったただそれに限ります。以前のブログはとてもダークな内容のものが多く、読んでくれている人を不快な気持ちにさせてしまうのではと思う事が多々あり、それについて苦悩している自分がいる反面やめられない自分と葛藤している時期もありました。そして気が付けば約半年間、答えは出ず結局堂々巡りの日々でした。もう自分には環境を変える他ないと、皆さんが少しでも共感できて、生きることに前向きになれるようなものをお届けしたい。ノートパソコンの購入時期が重なったのもあり、今日ついに踏ん切りがつきました。

 

心機一転、気持ちを新たにまた一からブログのある生活をしていきます。

以前のブログもいったいどれだけの人が読んで気にかけてくれていたのかわかりません、自分は寂しい人間でいわゆるすみっこの住人です。スーパースターみたいに皆から注目されなくてもいい、でもこんな自分でも生きていれば良くも悪くも必ず誰かが見てくれていると信じています。

 

今回はこれで以上です。

不定期になってしまうとは思いますが、これから出来るだけ更新できるよう時間を作るつもりです。次回更新の記事も読んでくれたらとても嬉しいです。

 

では、ドロン。